E32-BreadPlus

ESP-WROOM-32 ブレッドボード開発基板

主な特徴

同梱品は配布形式 によって異なります。あらかじめご確認ください。

ESP-WROOM-32をブレッドボードに搭載

WiFi、Bluetoothを内蔵するESP-WROOM-32マイコンモジュールをブレッドボードで使うための基板です。 ESP-WROOM-32は世界的に人気の高いArduinoIDEで開発することができ、手軽にIoTデバイスの開発が可能です。 ブレッドボード中央に挿して使う部分はコンパクトな300mil幅になっているので、他の部品の邪魔になりません。 (なお、CMD, CLK, SD0, SD1, SD2, SD3の6ピンは内部フラッシュとの通信に使われ、 ユーザーが使うケースは多くないため、外部には出しておりません。)

リセット、プログラム書き込みスイッチ搭載可能

ESP-WROOM-32で開発をする場合、リセットとプログラム書き込みを切り替える機能が必要です。 本基板にはあらかじめそれらのスイッチを実装することができるので、別途ブレッドボードに回路を組む必要がありません。 ご自分の作りたい回路に集中できます。

EN信号RC遅延回路付き

他のマイコンなどからEN信号を通してESP-WROOM-32を制御する場合、 ノイズの影響を減らすためRC遅延回路を付けることが推奨されています。 (詳しくはESP32 Hardware Design Guidelinesをご覧ください。) 本基板にはRC遅延回路を実装することができるので、ブレッドボード上に回路を組む必要がありません。

配布形式

配布形式 内容
基板のみ 基板のみ付属します。他の部品の調達、はんだ付けはご自身で行っていただく必要があります。 手作業ではんだ付けできる部品のみを使っています。

電源、USBシリアルモジュール(プログラムをESP-WROOM-32に書き込む場合) も別途用意していただく必要があります。

ブログやツイッターなどでご紹介いただくと1枚無料で配布するキャンペーンを実施中です。

組立例

ブレッドボードにて動作中の様子です。 リセット、プログラム書き込みモード設定スイッチが実装済みなので、最小限の部品で動作します。 (電源は別途必要です。)

使い方

部品の実装

ESP-WROOM-32モジュール、ピンヘッダを実装後、必要に応じてスイッチ、抵抗、コンデンサを実装して下さい。 (特に理由がない限り、すべての部品を実装いただくと使いやすいと思います。) RC遅延回路が不要な場合はR1をショート、C1をオープンにしてください。 ESP-WROOM-32モジュールのCMD, CLK, SD0, SD1, SD2, SD3の6ピンは内部フラッシュとの通信に使われ、 ユーザーが使うケースは多くないため、外部には出しておりません。

電源

電源は別途ご用意の上、3V3端子とGND端子に接続して下さい。

ArduinoIDE

ArduinoIDEで開発する場合は Arduino cc のサイトで配布されている IDEをインストールしてご利用ください。ESP-WROOM-32用の開発を行うにはさらにESP32 Coreを インストールする必要があります。 こちらを参考に追加して下さい。なお日本語で解説しているサイトもあります。例 : Qiita ESP32(ESP-WROOM-32)でLチカ

プログラム書き込み

ArduinoIDEで作成したプログラムをESP-WROOM-32に書き込むには、PCと基板をUSBシリアルモジュールで 接続する必要があります。USBシリアルモジュールは3.3Vに対応したものをお使いください。 推奨品は FTDI USBシリアル変換アダプター、及び AE-FT234Xです。 基板P3コネクタのTX, RX, GND端子をUSBシリアルモジュールの同名の対応端子と接続します。 その後、SW2を押したままSW1を押して離す(リセット)することでESP-WROOM-32がプログラム書き込みモード になります。(SW1を離した後はSW2も離して構いません) その後ArduinoIDEから「マイコンボードに書き込む」 を選択するとプログラムが転送されます。

転送完了後は(SW2を押さずに)再度リセットするとプログラムが開始されます。 この点はESP-WROOM-02とは異なりますのでご注意ください。

シリアル端子の接続は以下のようになっています。 P3端子にはUSBシリアルモジュールの同名の端子を接続してください。 TX, RXを入れ替える必要はありません。

起動時に使われるピン

一部のピンはESP-WROOM-32起動時にHIGH/LOWの判定がされ、内部の設定などが変わる場合があるため、ご注意ください。 (基本的にはデフォルト値にプルアップ/プルダウンされているので未接続になっている場合は問題ありません) 以下が起動時に使われるピンと推奨値です。

ピン 起動時推奨電圧
IO0 通常時:未接続 または HIGH
プログラム書き込み時 : LOW
IO2 通常時:影響なし
プログラム書き込み時 : 未接続 または LOW
IO5 未接続 または HIGH
IO12 未接続 または LOW
IO15 未接続 または HIGH

部品表

番号 推奨部品 コメント
U1 ESP-WROOM-32 ESP-WROOM-32モジュール
ブレッドボード用端子 x2 1x15pinヘッダ ブレッドボード接続用の端子です
P3 1x3pinヘッダ PCとシリアル通信するためのコネクタです。TX, RX, GNDをそれぞれ USBシリアル変換モジュールの同名のピンに接続して下さい。3.3V信号に対応したものをお使いください。
SW1 6mmタクトスイッチ赤 リセットスイッチです。
SW2 6mmタクトスイッチ黒 SW2を押したままリセットするとESP-WROOM-32がプログラム書き込みモードで起動します。 なお起動後はユーザー入力スイッチとしてご利用になれます。
C1 0.1uF RC遅延回路用のコンデンサーです。
R1 1k RC遅延回路用の抵抗です。
R2 2.2k EN端子プルアップ用抵抗です。

サンプルプログラム

プログラム 環境 内容
E32-Test Arduino Arduino IDE用の簡単なテストスケッチです。WiFiに接続してIPアドレスを表示した後、シリアルモニタに「HelloWorld」を3秒おきに表示します。 E32-Test.inoを編集してお使いのWiFiのSSIDとパスワードに変更してお使いください。

回路図、関連資料

注意事項

本製品または当サイトのサンプルプログラムを使用して発生した損害に対する補償は致しかねます。 当サイトの技術情報を読んでいただいた上で、ご自身の責任でご使用下さい。

初期不良品の交換には対応いたします。(到着後2週間以内)

運送上のトラブルに関しては、運送会社の補償以上の対応は致しかねます。

関連商品